はじめてのキムチ作り

naoさんがblogでキムチの作り方を紹介していました。
すっごく美味しそうで、韓国人の友人からの伝承なんで、作り方がおおらかで、すごく作る気にさせてくれました。
で、明太子の時にも困った唐辛子の粉。
中華食材倉庫で手に入れたので、意気揚々取りかかったのですが・・・。

c0009070_20372654.jpgスペインでイカの塩辛を作るのは至難の業です。
だって、すごくいっぱい種類があるのに全部「calamar(イカ)」で売っているので、見た目スルメイカなのに、ワタが入ってないことの方が多いのですよ~(涙)
なので、なかなか塩辛も作れないし、わた焼きもできない(メソメソ)
イカの塩辛がなくても平気って、naoさんは言ってるけど、あれば一番良いもんね。
で、買ってきたのがエビの塩辛。
これなら瓶詰めで手に入るのは知っていたのです。
でも今まで買ったことなかったです。
これ、味見してみてびっくり。
エビの塩辛って、香りも味もイカの塩辛とそっくりなのね。
食感がイカかエビかってくらいで。
ひょんなところで良いもんをみつけたっ。ホカホカご飯に美味いんじゃないでしょうか(うるうる)
c0009070_2038115.jpg


そこで取り出したのは、中華食材店で売っていた粗めの唐辛子の粉。


c0009070_20383758.jpgむむ、なんか変だぞと、嘗めてみると味が付いてる。これって唐辛子の粉じゃないのか?とラベル表示を確認してみると、げげげ「サテの素」500gだって。
サテといえば、インドネシアの焼き鳥では?
よーく見ると、むむむ、この光る粒は塩。これは、味の素。うげー、不味そうなものを買ってしまった・・・(ショック)

ってことで、前回の明太子と同じく、
急遽せっせとうちにあった小粒唐辛子をハンドミキサーで粉砕しましたです(泣)
なんか、もーヤケですっ。こうなったら、個性派キムチに変更だーっっ。
グラナダらしさを出す為に、アンチョビーと香菜も入れることにしました。
オリーブオイルもちょっと・・・うそです。さすがに(爆)
ついでに、くうまも食べられるように唐辛子なしも作ることに。
c0009070_2039861.jpg
これが、グラナダ風キムチです(笑)
・・・キムチなのに赤くないんです・・・(涙)
でも、ダシも効いてるしエビの塩辛とアンチョビーの味ですからね。
きっと味は美味しいと思うんですけど・・・。

←きっと大丈夫さって思ってくれた方は、ひと押しいただけると嬉しいですっ。
[PR]
by africaesp | 2005-03-08 21:19 | がんばって作る日本の味

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp