アバス

Habas(アバス)とは、そら豆のことです。
アンダルシアは今、そら豆の季節。ちょっと前まではグラナダの道端いたるところに、山積みのそら豆を傍らに一日のんびりと座り込んでるそら豆売り達を見かけたものです
今はそういう光景もずいぶん少なくなりましたが、市場ではそら豆が山積みになってます。
c0009070_820097.jpg
日本では大きいそら豆を食べるので、塩ゆでしたものを食べるとき、うす皮を剥きましたが、こちらではその半分くらいのうちに食べてしまうので、皮のまま食べます。
こちらでは、おやつに茹でないでそのまま食べたりもします。
スペインに来て初めてチビそら豆を生で食べましたが、甘くて驚きました。
どうして日本では生で食べないんでしょうかね?
そして代表的な料理は、
生ハムの切り落としと炒めた「habas con hamon(アバス・コン・ハモン)」。
これが、先日幼稚園のワークブックに入っていた二つのレシピのもうひとつです。

c0009070_8204181.jpg


(材料)
そら豆
ネギ
生ハム
オリーブオイルと塩






ネギをみじん切りにしてオリーブオイルで炒める
そら豆を加える
だいたい火が通ったら、最後に細切れにした生ハムを加える

これはなかなか美味しくて、私達もけっこう食べるかも。

c0009070_944114.jpgところで、くうまはそら豆をおやつに食べるのが
大好き。
毎日のように「今日もそら豆買っておいてね」と頼んでは、スーパーの袋にそら豆をいっぱい入れてもらって、こそこそ一人で嬉しそうに食べてます(笑)
今日は、ずいぶんと暖かな午後だったので、浜辺に遊びに行きました。
おやつにそら豆持ち歩いてました(笑)

ところで私はですが、そら豆の塩ゆでに改めて感動してます。
こんなに美味しいものだったかなあ。
スペインには枝豆はないですからね。ビールに塩ゆでそら豆でやってます~(喜)


←そうだ、そら豆食べようっと思った方、ひと押しいただけると嬉しいですっ。
[PR]
by africaesp | 2005-03-11 09:04 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp