スカリーノ「フォレスト」

c0009070_20542746.jpg4才の誕生日に、スカリーノ「フォレスト」を買ってあげました。

玉を転がす道を思い通りに積み木で作っていけるおもちゃです。
くうまには、自分で組み立てないと遊べない状態のおもちゃをできる限り与えています。
年齢によって遊び方を変えていけるから、とても長く使えるし、イマジネーションを鍛えるに違いないと思うので。

くうまが3歳の時に積み木遊びの大切さを知り、基尺の揃った積み木を日本から取り寄せました。
その時に大きさを選ぶ基準に、この「スカリーノ」に発展できることを考えて8×4×2のレンガ型積み木175個買いました。
小さな大工さん」に注文しましたが、値段も精度もとても良心的で満足度200%です。

積み木はいつも目に付くところに置いてあります。自然と積み木を出して遊んでます。
ゆっくりゆっくり、できることの幅が広がってくるのが、作るもので目に見えて
わかるので、親としても面白いです。

このスカリーノは、4才児一人で遊ぶにはまだ難しいのですが、
積み木にこれを加えると遊びに広がりがでて、積み木だけだとずいぶん
遊べるようになった彼に、また新たな目標物ができて、良い刺激になったようです。
 
普通のスカリーノが有名ですが、
「フォレスト」を買って良かったなと思うのは、木に見立てた
大きさの違う4枚の緑の葉のおかげで、コロコロと心地よい音が楽しめること。
それに音だけでなく, 玉が落ちるスピードの変化もあって、
普通のものよりさらに楽しさが多くて、派手さがあること。
世の中には子供を惹きつける親としては望ましくないおもちゃが山とあるので、
せめてこのくらいの派手さがないとね。
[PR]
by africaesp | 2004-12-04 20:50 | くーまの宝箱

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp