クリスマスプレゼント

スペインの子供達は、本当は25日にプレゼントをもらいません。
1月6日の朝、東方の三賢者が枕元に・・・なのですが、クリスマスだって、なんでクリスチャンじゃないのに祝うんだ?って感じなのに、東方の三賢者ってまでディープになると、私ら親の方がついていけません。
だからって、クリスマス気分てんこもりのスペインで、日本の純お正月を通すのも疲れそう。
折衷路線で、クリスマスにお祝いしてプレゼントあげて、年末年越し蕎麦食べて、スペインの風習にのっとって年の変わる瞬間12個ブドウを食べ、新年に雑煮で挨拶して、1月6日に村にくり出して東方の三賢者パレードを見て、市役所主催パーティーで100円おもちゃをもらう。
ぜーぜー。なんでキリスト教はカトリックとプロテスタントでやることが違うんだー。

c0009070_115277.jpg11月にサンタさんに手紙を出したくうま。
ジェット戦闘機が2つ欲しいそうです。マラガのおもちゃ屋さんで売っているから買ってねと書いてあるらしいです。

さて、25日の朝、くうまはプレゼントをもらいました。
「煙突がなかったから庭に置いていった」ってことで、植木鉢にプレゼントを突っ込んでありました。
目が覚めたくうま。「サンタさんが来なかったよ!」が第一声。
「やっぱりうちは煙突がないからなぁ。庭にあるんじゃないか?」
急いで外に出て行ったけど、喜びの声聞こえず。
「ないよー」
相変わらず捜し物下手です。パパがしょうがないから
一緒に探しに行って、「あ、こんな所に!」なんて教えてます。
(パパに任せて私は寝てました)
c0009070_116044.jpg
「あ、トップガンだ。2個ある!
サンタさんちゃんと来たんだねえ」

よかったよかった。
[PR]
by africaesp | 2004-12-26 01:26 | くーまの宝箱

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp