豚の足丸ごと一本!

c0009070_6333394.jpg

c0009070_634466.jpgスペインの年末といえば、これ。
ハモン・セラーノ、日本で言う「生ハム」。
豚の足を丸ごと一本どどーんと飾って、お客様が来るとちょびちょび削いでワインで一杯が、年末年始の典型的スタイルです。
もちろん豚足を支えているのは、生ハム専用固定台。スペイン人一般家庭なら必ずある、一家に一台必需品。他に使い道ないのですが、これがないと確かに足の置き場にものすごく困りそうですね。
ナイフも生ハムを薄ーく削ぐことしかできないヘラヘラの専用超薄ナイフ。
極上ものは、ドングリだけを食べさせた香りよい豚の足で作ります。ねっとりした舌触り、赤身が甘くてとろけます。最低のものは、しょっぱいだけです。

c0009070_6345549.jpgさて、我が家の場合、今年は一本買うかどうか迷っていた矢先、友人が丸まま担いで遊びに来てくれました。
一本7kgもあるのにですよ。でかいっ。重いっ。
足がこれほど大きいということは、相当でか豚だったんだろうなあ。
ややや、うちの猫の目が一回り大きくなってるではないの。
やばいです。どうやって猫よけすればいいのでしょう。冷蔵庫にも戸棚にも入りませんけどっ。

c0009070_6341919.jpg台にひづめを突っ込んで固定し、外側の脂身をナイフで削いでいきます。
一切れ一切れをできるだけ薄く切るのも、ハモンの美味さを引き立てるポイント。
でも、切るのすんごく難しいんです。
みんなでお味見。塩気ちょうど良く、甘くて、当たりでした。
手作りなので、作り手作る場所が同じでも、年によって味が違うのです。

目覚めにハモン、食事前にハモン、腰を下ろす前にハモン、暇になるとハモン、寝る前にハモン・・・。
こんなことを毎日繰り返していたら太りそう。
でも美味すぎるっ。

足一本飾ると部屋の中がすごい華やかになって、一気に年末気分盛りあがってます。

[PR]
by africaesp | 2004-12-27 08:22 | 美味しい生活

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp