待ちに待った、レゴ

c0009070_6314821.jpg

c0009070_6351919.jpgレゴで何やっているかというと、ヒゲ剃り(笑)
今日の自信作だそうで。

日曜日にとうとう、くうまはレゴを手に入れました。
実は持っていたんですが、長いこと取りあげてました。
2才になる前に与えたんですが、「魔の二才児」の時期って、面白がって散らかすでしょ。
毎夜毎夜、くうまが寝た後、ミレーの落ち穂拾いの如き光景が繰り返され・・・ブチッ
「片づけないから捨てた!」ってことにしました。
泣きましたが、自分のせいだってわかってたから、しつこくはなかったですよ。

c0009070_6353376.jpgかわりに、大ぶりの積み木とでかいブロックをあげました。
やはり、子供のおもちゃは年齢にあったものをあげなきゃいかんです(反省)

レゴは想像力を育てるのに、とても良いおもちゃだと聞いていますが、あの細かいパーツを、自分でちゃんと管理できるようになるまでは、ねぇ。
「自分のおもちゃが片づけられるようになるまで、レゴはあげない」というと、一応努力するんですけど、続かない・・・。
私もはやく返してあげたかったんですが、落ち穂拾いのトラウマがあって、どうも踏ん切りつかず(苦笑)
そのまま2年半凍結してました。
でも、おかげですっかり聞き分けるようになっていて、

c0009070_6372174.jpg1.レゴは完成品しか、くうまの部屋から出さない。
2.外出したレゴは、くうまが寝る時に一緒に部屋へ戻す。
3.自分でレゴの管理をする。

これを約束させたら、もー作った飛行機を部屋に戻すのはもちろん、食事の時に食べさせてあげるのも忘れないほどの、溺愛ぶりです。

c0009070_639895.jpgこのブロックともずいぶん遊びました。→
最後の飛行機を分解して、ダンボールに詰めるのはくうまにやらせました。
ああ、お兄さんのブロックになるんだって、心したみたい。
ここまで予測して隠したわけじゃないけれど、功を奏したかも。

はいっ。これがレゴだよって渡したら、
「あ、くうちゃんが
小さいときに持っていたレゴだ!」って。
(ツールボックスに収めてあるのです)
驚きました。
2才の記憶、ほとんどないくせに。
もしかして、捨てたって言われて、根の深いものがあったのかも(汗)


[PR]
by africaesp | 2005-06-01 08:25 | くーまの宝箱

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp