musical baton

最近急激に、あっちこっちで見るようになったmusical baton。
ふと気がつくと、ポルトガル方面からバトン渡されてました。
うちの場合、結婚前からのパパの趣味ジャズ&ブラジル音楽が
そのまま我が家の音楽になってますかねえ。


1 コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量

これ、なに?日本はもうそんな時代なんっすか??


2 今聞いている曲

Caetano Veloso(カエタノ ヴェローゾ) の MUITO(ムイット)

ブラジルの至宝って言われるほど、ブラジルで尊敬されてるミュージシャン。
あんまり尊敬されて、どっかの市の市長さんにまでなってしまった。
ま、それはいいんですが、力抜けまくってて、夜に聞くの最高なんです。


3 最後に買った CD

最近買ってないんで、もう三年前ですが、
Gabriela Anders(ガブリエラ・アンダース) の WANTING

マドリッドの一番大きい音楽屋さん、fnacでお勧めCDだったんで、
一枚だけ冒険してみることに。
その後、スペインで大ヒットでした。
「イパネマの娘」をこんなにコケティッシュでエッチに歌うのが、たまりませんっ。
天国のアントニオ先生もほくそ笑んでいることでせう。

4 よく聞く、または特別な思い入れのある 5 曲

Joao Bosco(ジャオ・ボスコ) の 「Na Esquina(ナ・エスキーナ)」
ブラジルミュージシャンの中で、私が一番好きなのが彼。
晩年の彼の曲、すごく曲風変わったんですが、優しくて涙出てくるっす。

Marisa Monte(マリサ・モンチ) の 「ROSE AND CHARCOAL」
ブラジルポップスの代表格。すごく声がかっこよくて、歌が上手いっ。
聴きたい音楽に迷ったら、マリサを聞いてる気がするほど良く聞いてますなぁ。

Charlie haden & pat metheny の 「Missouri Sky」
ギターの天才、パットのCDの中で、私はこれが一番好きです。
本当にミズーリ州の空って、そんなに素敵なんかな~って思ってしまう。

Herbie Hancock(ハービー・ハンコック) の 「The New Standard」
先生の代表的な曲はもっと他なんだろうけど、私なんかでもわかるジャズってことで。
これ、懐かしのポップス(シャーデーとかサイモン&ガーファンクルとか)が、
こんなふうにジャズになるんだ~って感心するやら、シビれるやら。
マイケル・ブレッカーのサックス聞く度に、自分もサックス習いたくなります(笑)

Michael Brecker の 「NEARNESS OF YOU」
マイケル・ブレッカーのサックスは、聞いても聞いても心があったかくなるっす。
思いっきりのバラードです。
このアルバム、ハンコック先生がピアノで、パットがギターで参加してます。
いつかNYで生音聞いてみたいなぁ・・・。

5 バトンを渡す 5 名
これ、結構強引ですよねえ・・・(汗)

andamarさん   元来我が家で音楽担当者はこっちなんで・・・。

とろそれさん    やっぱりパリでピアノ弾きっちゅーたら、はずせないっしょ。

Monicaさん   すっごく趣味広そうなんで。

marmitakoさん     趣味渋そうなんで(笑)

モネさん     チビちゃん二人に囲まれて、最近聞く暇ないかもしれないけど・・・。

すんまへん。お暇なときにバトン受け取っておくんなまし~。
[PR]
by africaesp | 2005-06-20 08:21 | 母のつぶやき

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp