チャージョー

マラガ近辺だと、思いのほか悪くないライスペーパーが手に入ります。
まともなベトナム料理屋もないここら辺で、ライスペーパーが手に入るのは有り難い。
夏になると、生の野菜をたっぷり使うベトナム料理がむしょうに食べたくなるんで。
生春巻きと共に好きなのが、このチャージョー。
ベトナム風の小さな揚げ春巻き、夏は中華風のデカ春巻きより好きです。
c0009070_23494427.jpg
ベトナムを路線バスで縦断旅行したとき、一人旅で、安宿に泊まる度にダニに刺された跡がどんどん増えていくし、不快指数200%と言われる湿気に目眩がしたり、泣きたいこともいっぱいあったはずなのに、思い出すのはサイゴンやニャチャンで食べた屋台料理ばかり(レストラン入ってないの)。
こんな所、もう来るもんかって思ったのに、家族を連れて行きたくなってる自分が恐いっす。
かなりイメージにぼかしが入ってるの、わかってるんだけど、アジアが恋しいの(苦笑)

チャージョーは、具に豚ひき肉とエビのミンチが必ず入るのが特徴でしょうか。
c0009070_3533686.jpgって、いきなり食べたくなったから冷蔵庫にタコしかなくて、タコを叩いて入れてみたんですが。
エビより弾力出ました。
豚ひき肉とエビは同量ほど。
ニンジン、玉ねぎ、きくらげ、揚げ玉ねぎ、
ニンニク、適量すべて微塵切り。
味付けは塩コショウ。
チャージョー用には、1/4切りサイズのライスペーパーを、硬めにもどす。
私は水面に片面だけさっと付けて濡らし、少しずつずらして重ねていきます。
あんを少量入れて包んで、最後に端にあんを塗って止める。
そして低温でじっくり揚げます。

レタスはキュウリ、シソ、ミントの葉、バジル、香菜、マシェ、ある葉っぱ全部と一緒に
巻いて、たれ付けて、ばりばりっ。
あ、そうそう、たれが重要ですね。ニョクマムにお湯と砂糖、ライムを混ぜたものです。
くうまはこれだけ、大人はそれにニンニクと唐辛子の微塵切り入り。

んで、ビールぐびーーーっ。ぷはーーーーっ。
いやああああ、夏でんなぁ。あちぃ。



[PR]
by africaesp | 2005-06-28 00:06 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp