くーまとソフィア その後

c0009070_323518.jpg

c0009070_331340.jpg

c0009070_332118.jpg

5月後半から遊びに来るようになったソフィア。
最初は土曜日だけだったけど、幼稚園終わったあとも週に二回くらい来るようになりました。
どちらも一人っ子の二人は、最初おもちゃを取り合ってすごいことに。
5分ごとにどっちかが、いや、くうまが泣く(笑)
ソフィアは引っ掻きますからね。
見てみたら爪、長いこと切ってないし(苦笑)
なので、来るたびにまず爪を切ってから、リングに上げました~。

それから教えたのは、ひとつのものを順番に使うこと。
ストップウォッチできちんと計ると、二人とも安心して貸しあうことができる。
でも、いい加減だと、どっちの方が長く使ってるって大げんか(汗)
でもこれだと、私1時間でぐったりです。
放っておいて喧嘩させるにしても煩すぎて頭が痛くなるし。
内心、ソフィアを預かったことを後悔もしました。
「くうまの為にって決めて、今は大変でも絶対に得るものはあると思うから、頑張んな」
ってパパに励まされて、諦めないで様子を見ることにして。
とりあえず、喧嘩するものがないように、外にせっせと連れ出すことにしました。

こんな風にして一ヶ月ちょっと。
このわずかな期間ですが、二人ともみるみると変わっていったんです。
お互いにルールができて、順番に使えるようになって(参照 上の写真 笑)
くうまは特に変わりました。
毎回自分のおもちゃを貸さなきゃいけないのはくうまですからね。
自分のものだって取りこまなくなったし、
自分用にもらったお菓子も、分けてあげられるようになったし。

そこで、くうまの部屋で二人を遊ばせてみることに。
するとなんと、くうまがソフィアにせっせと本を読んであげるようになったんです。
ベッドの上でちょこんと座って、自分のお気に入りの絵本を一生懸命スペイン語で
説明し、時々それをまた日本語でなんて言うか織り交ぜて、教えてあげてるのです(感動)

「プルポも海の中で寝ていたんだって。あ、日本じゃプルポのことをタコって言うんだよ」
「たこ?ふーん。」
こんな会話がひっきりなしに聞こえてくるんですよ~。
か、かわいい。
パパは目頭を熱くし、私はこの会話、今度ボイスレコーダーに録っておこうって決意(爆)
だってなんだか「小さな恋のメロディー」みたいなんだもん。じーん。
c0009070_6504627.jpg
そして今日もまた、思いっきり遊んだのでした。

今日は七夕なのですね。
二人が健やかにそして幸せに育っていきますように。



[PR]
by africaesp | 2005-07-07 07:02 | 二カ国語子育て&絵本

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp