地中海を食べる! その1

c0009070_741026.jpg

ここら辺は、新鮮な海の幸がとても安く手に入ります。
今日のお昼は魚介づくし。
今日はメルカードでムール貝1kg2ユーロ。
日本にいた時、美味しいと思ったこともなかったのですが、
スペインで食べるようになって、こんなに柔らかくジューシーで甘いものなのだと知りました。
日本から遊びに来た友人家族のチビちゃんが、c0009070_751387.jpg帰国してからスペインで一番印象に残った食べ物はムール貝だったと言ったくらい。
私は白ワイン蒸しがいちばん好きです。

熱したフライパンにオリーブオイルを
たっぷり入れ、叩きつぶしたニンニク2~3個放り込む。
ムール貝20個ほど入れて、コップ一杯の白ワインで蒸し焼き。
フタをして貝がパカッて開くまで。

サラダはバルで一般的なタパス(おつまみ)、「salpicon de pulpo」 タコのサルピコン。
マリネですが、全部細かく切るのが特徴です。
彩りにピーマンも入っているのですが、今日はほうれん草にしてみました。

トマト、さらしたタマネギ、タコをみじん切りにして、塩、オリーブオイルたっぷり、レモン汁で和えて、盛りつけ時に千切ったほうれん草をさっくり混ぜる。
c0009070_7364745.jpg

c0009070_7474082.jpgそして、魚介にJerez(へレス)かmanzanilla(マンサニージャ)をあわせるのがアンダルシア。
シェリー酒のことですが、スペイン内では産地がJerezか、海に近いSanlucar(サンルーカル)かで区別します。
シェリーはへレスが英語風に訛ったところからきているので、世界的にはへレス(オズボーンとか、ティオぺぺ等)が有名だし、酒蔵も大規模経営を展開しています。
でも、通好みといわれるのはサンルーカル産のmanzanillaです。
酒蔵も良心的でした。
中でも私の一押しは「La guita」(ラ・ギタ)。
飲める方じゃないけど、酒好きの私としては、美味しいものをちょっとだけ欲しいわけですが、
この「La guita」、柔らかく丸く水のように飲めてしまいます。上善水の如し。
美味しい白ワインもたくさんありますが、今は「La guita」が好きです。

ちなみにこの日のデザートは→クアハーダ@ゆるゆるスピン
[PR]
by africaesp | 2005-01-15 08:28 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp