スペイン時間

c0009070_6453859.jpg
スペインの一日の時間の流れ方は、とても個性的です。
朝は8時にcafeを飲み、11時に軽いトーストの朝食をとります。
そして2時にお昼ごはん。
2時から5時までが、シエスタというお昼寝時間です。
6~7時におやつを食べて、10時に夕食が始まります。
アンダルシアは働いている人もみんな11時前後はお休みタイム。
銀行も郵便局もみんな機能しなくなります。
おやじは11時からBarでお酒を飲み始めて、日向ぼっこやゲームを楽しみます。
1時半にはお店の人はシャッターに手をかけて客を威嚇します。
入ってきちゃうと、お店が閉められないんで(笑)
お昼は家に帰って家族で食べます。
スペイン人はお昼にボリュームあるものを食べます。
食べ終わると昼寝したり、テレビ見たり、ラブラブ時間を楽しんでゴロゴロ過ごします。
5時を大きくすぎて5時半頃にお店に戻って、嫌々シャッターを開けます。
それから8時まで働いて、その後夕食を食べてから、夜遊びに出掛けます。

マドリッドやバルセロナ、マラガでさえももうこういうのんびりした時間は崩れつつありますが、
アンダルシアの田舎はまだまだ。グラナダ級の小さな街もまだこんな感じです。
300日いつも晴れているアンダルシアでは、お仕事はまったくはかどりません。
みんな、まーーーったくやる気ないですから。
人間らしく生きるために、仕事はなるべくしないってことだそうで。
いい所だな~って思うこと多いですが、仕事を頼まにゃいかん時は切れること多いです(怒)

ところで、写真、あんまりに可愛かったので意味もなく強引に使いました。
スペインの子供達、むちゃくちゃ可愛いんですもん。
[PR]
by africaesp | 2005-01-27 08:15 | 美味しい生活

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp