郷愁を誘う花

c0009070_6351852.jpg
コスタ・デル・ソルは、ぼちぼちこの花の季節です。
日本の人はこの写真を見ると「ああ、スペインにも桜があるんだなあ」と思ったでしょ?
実は、アーモンドの花なのですっ。
うっそーって思うでしょ?私も思います。未だに。
でも、この後アーモンド取り放題の時期が来るので、胃をもってちゃんと確認しました。
満開になると、霞か雲か、ほの淡いピンク色に一面覆われた野原や山々は、
もう桜にしか見えないんですが。
柔らかな葉っぱを持つ草木や、淡い無数の色のコンビネーションを持つ
花々の咲き乱れる日本の自然と、春に一度緑の葉を見せた後は、夏の灼熱の太陽に
枯れ果てチクチクし、茶色くなってしまう野山や、原色の花の多いスペインの自然とは、
まったく違う性格のものなのですが、
唯一この時期この一瞬だけ、だぶります。ちょっとうれしいです。
きれいだな~、きれいだな~と思い切り堪能したあと、さーて、じゃあ花で天ぷら作るか~ってな感じで、思い切り日本の春気分に浸らせてもらっております(笑)
Gracias a los almendros!


←くーまくーまの元気づけにひと押しいただけると嬉しいですっ。

[PR]
by africaesp | 2005-01-31 07:43 | スペインあれやこれや

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp