クリスマス人形

c0009070_21211342.jpg

スペインでは、12月24日にサンタクロースは働きません。
プレゼントを持ってきてくれるのは、
1月5日の夜に来る「Los tres Reyes Magos(東方の三博士)」。
なのでクリスマス週間も彼らが到着した1月6日まで続きます。

c0009070_2122313.jpgクリスマスツリーの他に、キリスト生誕の瞬間を模した人形達を飾る習慣があり、
街中にあふれます。くうまの幼稚園でも、もちろん各家でもこれを飾って祝います。

この人形、belenと言います。
信仰心まるでなしの日本人家族の我が家、街で売られているようなコテコテの
宗教画っぽいbelenじゃ、シャレにならない。
真面目なものばかりで(当たり前か)、なかなか食指が動かなかったのですが、
ブラジル旅行先でとうとう発見。一目で恋に落ちました。
素朴な素焼きの手作り人形。顔はできる限り簡素化されてます。
(スペインのはマツゲばちばち。最大限美化されてるの)
なによりキリスト様がチョコレート色の肌!!さすがブラジル!
以来我が家の年末年始を飾ってます。c0009070_21242928.jpg

お話し通りに配置したのに、気がつくとくうまが配置し直してました。
全動物がキリスト様のゆりかごにかぶりついちゃってます。
こっちの方が78倍ほど面白いから、このまま飾ってます。ははは。
[PR]
by africaesp | 2004-12-07 21:13 | 美味しい生活

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp