鴨の甘みそ焼き

スペインは鴨肉が年中(ウサギやウズラ肉とともに)売っているので、鴨ばかり食べてます。
鶏肉より良い出汁が出るので、我が家の蕎麦はもっぱら「鴨ゴマ汁蕎麦」。
炊き込みごはんにも、鶏肉の代わりに鴨肉を使います。
スペインらしい鴨料理というと「パト・ナランハ(鴨のオレンジソース煮)」。
そして、今我が家で一番のブームになっているのが「鴨の甘みそ焼き」です。
c0009070_5482293.jpg
(三人前)
鴨肉        500g
赤ワイン      大3
みりん       大2(我が家は日本酒大2+砂糖小2で代用)
赤みそ       大1
醤油        適量
おろしニンニク    小1

1)鴨肉以外の材料をあわせて、タレを先に作っておく。
2)鴨肉の両面に、浅く格子状に切れ目を入れ、強火で熱したフライパンに皮を下に入れる。
  すぐにフタをして火を中火にし、4分間。ひっくり返して2分間、蒸し焼きにする。
3)鴨肉にタレをかけ、フタはしないで強火で煮詰める。 
4)フタをし、火からおろしてしばらく落ち着かせる。
5)薄切りにして、タレを上からかけ、白髪ネギを添える。

いや~、北京ダックもそうですが、鴨と甘いみそってなんでこんなに相性いいんでしょうっ。
自分でこれ書いてて、また食べたくなってきてます(笑)
結構やみつき。丼にしてもうまいです。
鴨に火を通しすぎないようにだけ注意。
これと、みそ汁、ごはんを用意するのに、30分もあれば出来ちゃう簡単料理なので、
時間がないとか、疲れて料理したくないときに・・・つまり頻繁にってことですが(笑)
我が家によく登場してますっ。
そのわりに、作ると「美味いっ!」とみんなに尊敬されるので、気分がとてもよい料理。
是非お試しくだされ~。


←ヨダレを垂らしてしまったあなた!ひと押しいただけると嬉しいですっ。
[PR]
by africaesp | 2005-02-11 06:51 | がんばって作る日本の味

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp