るるるるる

c0009070_4114426.jpgはじめて買ってあげた飛行機の絵本がこれです。
7ヶ月くらいでした。
それまで本にあまり興味を持ってもらえなくて、色々と本好きにさせる方法を試していましたが、食いつきが今ひとつなので、親も努力が持続せず・・・。

その時登場してくれたこの本が、くうまを本好きに変えてくれました。
やはり、本人の好きなもので釣るのが一番のようですね。

飽きっぽく、人の話に耳を傾けない赤ちゃんだったくうまに
最適で、ドラマチックなお話しがちゃんとあるのに、「るるるる・・」
って飛行機のエンジン音だけで展開します。話も短め。
映像的で、エンジン音の強弱、絵の遠近で、飛行機の気持ちが想像できます。
このシリーズの中でもこれは傑作だと私は思います。

これと、谷川俊太郎の「もこ もこもこ」には、その考え抜かれた
シンプルさと頭の良さに、親の私も感心してしまいました。

ちなみに4才になったくうまは、ひらがなで「る」だけはまちがえません。
刷り込まれている感じで。

五味太郎・絵と文 偕成社  
[PR]
by africaesp | 2004-12-06 04:09 | 飛行ものコレクション

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp