作れるか、辛子明太子!?

スペインにも、タラの卵は売っています。
でも、この生たらこを、どうすると日本で売っている「たらこ」や「明太子」になるのかっ。
塩水に浸けると「たらこ」になると、どこかで大ざっぱな情報を見つけたのですが、
分量もなにも書いてない(泣)
そこで、適当に塩水を作って、買ってきたたらこを浸けてみた。
翌日、どうなったと思います?

いやああああああああ、
世にも恐ろしい2倍以上にぶよぶよと膨張しきって、
ホルマリン漬けの赤ちゃんと見まごうタラコになってました~~~っぎぼじばどぅい(涙)
ブツの入ったジップロックに、こ、恐くて触れないっ(号泣)
危険物処理班のパパの出動で、事なきを得ましたが・・・(顔面蒼白)
けっこう聞いたことはあるが、真面目に考えたことがなかった「浸透圧」という
ものと、初めて真剣に向き合いましたです。

「食べ物の細胞膜は閉じてはいるけれど、塩分の濃さと薄さで圧力の差が生まれる。
例えばまわりに濃い塩分があって、中が薄いと、外と同じ濃さになろうとして内部から水が出ていくんだけど、外の塩分が中より薄いと、外部の水をどんどん吸って塩分を薄めようとするわけだよ」って、そのままパパの言ったこと書き取ってます(笑)
なるほどー、所謂あれだ、たらこより作った塩水の塩分が少なかった訳なのねっ(涙)
魚を塩で締めて水気を拭き取るのは、全部こういう仕組みだったんやね。
今さらですが納得したりして。え?知らなかったの私だけとか?
とにかく、明太子への一歩を踏み出すこともなく撃沈(号泣&嗚咽)

最近また2月に入ってやたらと、市場でタラコを見かけます。
また、むくむくと明太子への野望がっ。
c0009070_6254296.jpg

しかし、今度は良いサイトを見つけたのですよ~っ。
海外生活者の味方、「男の趣肴」さんに、こと細かく「辛子明太子」の作り方がっっ!(喜)
ということで、昨日からせっせと作ってます。
生タラコを酒塩で浸けて12時間。
ザル上げして冷蔵庫で寝かすこと10時間。
今日は、本漬けなので、唐辛子鰹コンブだし煮切り酒味付けに浸けました。
さてさて、ジップロックに放り込んで、待つこと1週間です。
たのしみたのしみ~。

ふふっ、乞うご期待っ。

←今度こそっ!明太子の成功を祈ってひと押しいただけると嬉しいですっ。
[PR]
by africaesp | 2005-02-20 07:38 | がんばって作る日本の味

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp