グラナダのビール

c0009070_19392651.jpgグラナダには「cerveza alhambra(アランブラ・ビール)」というメーカーのビールがあります。
マドリッドのビール「mahou(マオウ)」、マラガのビール「san miguel(サン・ミゲル)」、セビリアのビール「Cruzcampo(クルスカンポ)」など大手メーカーの狭間でこぢんまりとやっているのですが、ここのビール、結構通に好まれます。
知る人ぞ知る、ここの黒ビール、ギネスほど重くなく、苦みもほどほどで、まろやかな泡と共に飲める、スペインで飲むのに適した黒。ちなみに私はこれが一番好きです。
ビール好きなパパのお気に入りはこちら、「reserva 1925」。ビンがとても綺麗です。
2000年に売り出された新ブランドで、意味は「1925年リザーブ」ですからね。
名前を見たとき、1925年から寝かせてあったなんて嘘くさいビールだと思ったんですが(爆)
1925年の酵母がみつかったのか?!それも嘘くさいよね。不味そうだし(爆)
その年にこのビールの味の配分を考え出したとかなんとか・・・でも結構うやむやな書き方。
調べても、1925年の謎はいまいちわかりませんでした。
「reserva 1925」、グラナダ以外には見つからないビールらしいのですが、ネットで調べると外国人が「best beer of spain」とあちこちで、もてはやしてました。
c0009070_19305264.jpg
そして今日は、パパお手製「鮭とカマンベールのパスタ」。

c0009070_2033284.jpg


パパは、我が家で主に焼き肉と中華料理とパスタ&ラーメン担当なのです。
カマンベールの風味が鮭を優しく包み込んでコクを出していて、かるくクリーミーな仕上がりが、とても美味しかったです。
くうまは、こってりクリームソースはあまり好きじゃないのですが、今日のさらりとしたクリーム仕立てはお気に召したようで、美味い美味いと頬張ってました~。



←「reserva 1925」の謎が気になる方、
           ひと押し頂ければ、もうちょっと粘って調べてみます(笑)
[PR]
by africaesp | 2005-03-05 21:11 | 食べる話

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp