通信簿

c0009070_7191213.jpg今日は一学期(こちらは学校が9月に始まるので)の成績を受け取る日でした。
「ABCが言える」「数が数えられる」「自分の名前が書ける」「はさみが上手に使える」「色塗りが上手にできる」「図形が言える」等など9個の項目がありました。OKか、要努力か、激努力かの三つで、くうまは全部OKでした。って、先生のノートをのぞき込んだら9割方そういう評価でしたが。
でも、冬休みの課題が出ました。
くうまは、他のスペイン人の子供より、当然ながらスペイン語が下手くそです。
家でできればスペイン語を教えて欲しいと言われました。
さて、たいへんなことになりました。
今年の冬休みは「あいうえお」を教えはじめようと思っていたのにな。

くうまは二カ国語を強いられる環境にいるので、他の子達より倍の勉強が必要となります。
学校でスペイン語を勉強して、家では日本語の読み書きを。
4才くらいから少しずつ机に座る習慣をつけていくのが、最初の一歩らしいです。
有り難いことに、今のところくうまは文字にとても興味を持っていて、幼稚園でやっている勉強がとても好きです。机に座って細工したりお絵かきするのも大好き。
なので、幼稚園が休みになっても、午前中は何か勉強をやるものだよと言うと、素直に「そうか~」と言ってくれます(今のところは)。
家庭学習を始めるなら今しかない!

とりあえず、幼稚園にある絵本を新学期が始まるまでごっそり借りてきました。
「初めて覚えるスペイン語単語」という絵本も我が家にはあります。
なので、午前中を前半後半に分けて、私が日本語担当で「あいうえお」を教え、パパ(日本人です)がスペイン語担当で、スペイン語の話しかけと絵本を読むことにしました。
パパの方は、何をしてもいいことにしましたが、パパは授業中スペイン語だけを話すこと、スペインの単語を教える時は同時に日本の言い方も教えることをルールにしました。
私はとりあえず、七田式の「あいうえおカード」で遊ぼうかと思っています。

私もパパもだらけがちなので、Blogに毎日記録をつけて励みにしていこうと思います!
あ、こんな事書いてしまった・・・。いや、公言しないと絶対3日坊主になるからなあ。
(計画倒れが多くってねえ、我が家は)

でも明日はグラナダへ用事があるから、明後日からね。
[PR]
by africaesp | 2004-12-23 08:35 | 二カ国語子育て&絵本

子供と一緒に楽しむ南スペイン。


by africaesp